感動するということと、過去の記憶との優しい繋がり。断捨離されない作品づくり

2017-02-09 | Posted in 展覧会、展示販売会, 教室, 販売No Comments » 

[羊毛フェルト教室] ブログ村キーワード

2月3月スケジュールと、大事なお知らせ

~目次~

◆教室NEW!!(自宅教室、市駅近カルチャー体験、その他教室)

◆ハンドメイドイベントに出ます!
3月28日衣山サニーマート2階駐車場

◆感動と思い出との関係

▼WoolSusuのアルファベット表記の「漢字」が決まりました▼
~羽留種珠(WoolSUSU)に決めたワケ~
http://waku2felt.com/blog/2838/
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

◆教室NEW!!(自宅教室、市駅極近IYOTETSUカルチャーはじまるよ♪ほか)

NEW!▼3月から、松山市内ど真ん中!で体験教室しますよ~▼

【体験教室来てね~(*^▽^*)3月3日の16:30~18:00のです】

伊予鉄カルチャーで、羊毛講座をさせていただきます♪

 

 

 

体験講座>3月3日、 3月17日、 4月17日、 5月11日

体験は半額ですよ~♪ 気軽にご参加くださいね^^

お申込みは お電話(0120)-141-413
※平日9:00~18:00対応

 

お申込みは、お電話でどうぞ(*^▽^*)宜しければ、ご予定にチェックお願いします
φ(..)メモメモ♪

 

◎こちらの教室は、昼と夜のバージョンがありますので、お仕事帰りの方も、ご参加いただけます。

昼は13:30~15:00
夜は18:30~20:00

便利な場所で、羊毛を始めるにはお手頃な価格でご提供~♪
自分で材料用意して、一人で作るよりも、時間も費用もぜったい
お得でオススメ!お楽しみに!

 

 

▼IYOTETSUカルチャースクール▼

 http://www.iyoplan.jp/culture/

 

 

▼地図▼ 伊予鉄市駅西ビル2階(1階が受付) 

<お得情報!>

通常:入会金 1,080円
(のところ、いよてつ高島屋ローズカード、友の会会員のかたは、入会金無料!

上記カード会員の方は3月1日からレシート無しで伊予鉄西駐車場が2時間無料!

 

 

 

 

 

(1)羊毛フェルト基礎~上級、リアルまでの教室

※当教室の上級レベルの技術のある方は、このリアルから学ぶ
こともできます(*^▽^*)

オーダーを受ける、羊毛を教えるという場合、写真などの平面
から立体におこすための力が必要です。

そのコツや、オススメ書籍などお伝えする月2回の教室です。
http://waku2felt.com/school/2763/

 

 

(2)種珠(すすさん)と月1~2回ものづくり教室<募集開始>

・月2回のお月謝制教室です。材料費別途またはご自身で事前
に準備もOK!

★編み物
★フェルト
★お絵かき
★レジン

ができます♪

お茶飲んでおしゃべりしながら、あなたの作りたいものを形に
するお手伝いを致します♪
http://waku2felt.com/school/2763/

▼お問合せ・お申込み専用フォーム
http://waku2felt.com/contact/

講師/種珠:中高美術教諭免許状取得、子ども絵画教室、
美術系教諭、学芸員経験有り
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

◆ハンドメイドイベント出展決定◆
3月28日衣山サニーマート2階駐車場10:00 – 16:00

『第1回 きぬやマルシェ』出展!
グループ名
「Izu+tsubo&WoolSusu なんだかんだファクトリー」
内容>羊毛雑貨販売&ワークショップ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

県の許可がとれたら、みきゃんのマスコット作り1000円
も予定♪オタノシミニ!
詳細→http://event.tj-matsuyama.com/event_dtl.php?id=2610_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感動するということと、過去の記憶との優しい繋がり。断捨離されない作品づくり

 

燐寸(マッチ)メーカー大手である兼松日産農業株式会社が、機械の老朽化のため、
来年3月に工場を閉鎖しマッチ製造事業から撤退するという記事が新聞で掲載されました。

同社が運営するマッチ愛好家のための燐寸倶楽部も年内で解散。。。と、先日読んだメルマガに載っていました。

マッチの歴史は1827年のイギリスから始まり、日本で製造が本格的に開始されたのは
1887年(明治20年)、スウェーデン、アメリカと並び日本は世界三大マッチ製造国でした。

真ん中にツバメ、赤色のクラシックな絵柄のマッチ箱を見て、「懐かしい」と思われる方々も
多いかもしれませんね。時代を感じるレトロな色の組み合わせが絶妙です。

 

────

私は、このマッチの会社を知らなかったのですが、先日お墓
参りに行く際、ライターをわすれてしまいまして^^;
途中にあるコンビニのFマートで、偶然こちらを購入していたのです。
購入理由は「レトロ可愛いデザイン」に惹かれたから。

気に入っていたので、上記の記事を読んだ時に
「あ!あのマッチだ!!!」と、すぐわかりました。
2つ入りで6~70円たっだかと。

子どものころは落ち葉を庭で燃やしたり、祖母のお家ではカマド
でご飯を炊いたりしていたので、マッチの思い出はたくさんあり
ます。
(台所も炊飯器もあったけど、炊飯器のご飯はまずい!という
ことでカマドご飯w)

今回はじめて、可愛いものとして私の記憶に残ったこのマッチ箱。
もうしばらくしたらなくなると思うと、とたんに寂しい。

マッチを久しぶりに擦った瞬間のあの香り。お線香の香り。
子どもの頃の幸せな記憶と重なっての郷愁的なものでもあるの
だろうなぁ。

偶然購入したマッチ箱に心を揺さぶられた、そんな今日。

でも、

「3月まで」と知るまでは、私の中では「可愛いデザインのお気
に入りグッズ」の1つでしかなかったというのに、

今は「心揺さぶられて“感動”までしているのですから、気持ち
というのは不思議で勝手なもんだよねぇ。読めないわぁ。
まぁね!だから面白い(^^)

 

う~んと、そうだなぁ・・・

 

「心に響く」ものって、自分の中で書きためた記憶と言う日記と
繋げてくれたものなのかもしれない、と今回のことで、改めて思
いましたよ。

羊毛でも絵でも、たくさんの作品をつくってきましたが、その作
品の感想を私に直接伝えて下さる方がいらっしゃいます。
ひと言ひと言を、大切そうに懐かしそうに私へ伝えて下さるのです。
その時の感想は、やはり過去の記憶と結びついていることが多いです。

「感動する時とは、自分の過去の記憶が優しく思い出された時」

作品をつくっていて、こうしてお客様の思い出を共有共鳴して一緒に
ウルウルすることも。このマッチ箱のことと共に、私も思い出がたくさん
飛び出してきて、今幸せ~な気持ちです。

持たない生活もわたしの憧れのひとつではありますが、こういう五感と
記憶をゆさぶってくれたものは、捨てられないなぁ^^
でも、いつかはそれも自分が捨てなければ誰かがそのお片付けをしないと
いけなくなるわけで、本当に大事なものに囲まれて生きるって大事だと
気づかされましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心を込めてつくったマッチ。。。
生産されなくなっても、あの音や香りと共に、私たちの思い出として記憶に残りますね。

さみしいけど、凄いことだと思います。ありがとうございました。大事にとっておこう。

※と思ったら、「桃印」や「燕印」「象印」などの商標は兵庫県の別のマッチメーカーに
譲渡し、商標付きマッチは継続販売されるそうです。嘱託さんやパートさんも含め
18名でやってきた会社と知ると、なんだかじ~ん・・・いいなぁこういう昭和の感じ。

 

 

ああ、断捨離。できそうもないですな。
今年もひきつづき、目標だわwww^^;

 

そうやなぁ、、、
自分の作品や自分の大事にしていた何かが、自分の代やそのあとの代の人にも、
捨てられずに大事な思い出として残してもらえたら・・・
そんな作品を創れて、お渡し出来たら、こんな幸せはないかもしれません。

やる気アーーーップ!


2月も頑張ります♪

羽留種珠(うるしゅす)ススさんでした(*^▽^*)

*+*+*+*+*+*+*+*+*++

▼お願い>【SUSU羊毛新聞*無料メルマガ】を受信中の方へ
メルマガサイトのドメインが変更になりました。
携帯の方は受信ドメイン設定お願いします▼
コチラ⇒http://help.mag2.com/000335.html
***********

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます